FC2ブログ

『RENA』のチラ裏

「裏」がないのが「裏」

105円がもったいねえ!
RS3の3D動画が来たから赤青メガネをDIYする?

ノンノンノン、
どうせ同梱版(RS3 3D-Dive Edition)についてくるんだろ?

にもかかわらず自作するのは二度手間だし、
105円も費やすなんてよっぽどのブルジョアに違いねえぜ。

同梱版発売まで凌げれるぐらいのもんがあればそれで十分さ。

さて
赤青メガネが複雑怪奇な光学構造を有しているのは周知の通りである。
(特殊相対性理論の出発点となったのはあまりにも有名)

まずは焦らずじっくり定性分析するのが定石というものだろう。

一、赤成分
一、青成分
一、固定成分
この3つを揃えることが仮にもし可能ならば、
既に天然の赤青メガネの域に達していると言っても過言ではない。

むかし中国の偉い人曰く
赤成分、これ参考書についてる赤シート也。
青成分、これ水色のクリアバインダー也。
而して固定成分、己の両腕に他ならざる也、と。

(出典『春秋・徴氏伝』)

『この一篇の精髄は「水色」にある。』と殆どの古漢文学者は信じている。
なぜなら、「青色」のクリアバインダーを使用した結果
多くの屈強な男性が悲惨な最期を遂げたとされる史料が、
長期間、広範囲にわたって確認できるからだ。
(句醂陵の副葬品などがその典型とされる。)

ちなみにセプトクルールのバインダーがおすすめだぞ。
http://www.e-maruman.co.jp/products/filenote/sept_metal/one_push/

;---------------------------------------------
三原色RGBのうち
赤と青だとRとBになってしまう。

原理的にははRとGBだから赤と水色が正しいはず。

;---------------------------------------------
3D超すげえ。超奥行き。超ミサイル。

コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://renars3.blog46.fc2.com/tb.php/63-aaaeffa5